カフェインは酵素痩身の敵

カフェインは酵素痩身の敵

お茶を毎日飲んでいる人もかなりいますが、実は、カフェインは酵素痩身の敵なのです。お茶の中の成分には、酵素によって分解されるものが含有されていて、酵素痩身の効能を高めるためには控えた方がいいのです。カフェインには習慣性がありますので、我慢できないときにはいつもより多めに酵素を摂っていくことが望ましいです。

 


酵素痩身は、もともと口コミで広がりました。効能があったためとても人気が高まりましたが、近頃では効かない、意味がないなどネガティブな噂も少々耳にするようになりました。

 

が、実際にはやり方さえ合っていれば健康的にやせらえるようになっていますし、長年の便秘解消だったり、肌の調子がよくなって、メイクのりが全然違ってきたなど、体験談は多いのです。とはいえ、どんな方法を選んでいても言えることですが皆が皆、同じように実行したとして、同じ結果が出るとは限りませんし、方法に誤りがあったり勝手な解釈で実行していたら望ましい結果は出てこないでしょう。

 

ダイエットに使われる「酵素」には、消化や老廃物の排出など、代謝促進効能があります。毎日効率良く摂取することで、痩せやすくリバウンドしにくい体づくりができるのはもちろん、酵素ドリンクはみんな低カロリー。

 

それでいて、多くの栄養素を含むため、痩身中の女性が陥りがちな低栄養の状態を防ぐことができ、おきかえ食でカロリーを減らしている人にもオススメです。サラッとした果実酒のようなフルーティーな酵素があるのをご存知でしょうか。「ごちそう酵素」は天然の果物の風味が活きていて、味が「天然」で「おいしい」というのは、ダイエッターには嬉しいことです。

 

80種類の体に良い果物、野菜(野草含む)を3週間発酵させ、10ヶ月の熟成期間を置くことで、きれいな透明感が出るとともに、味の調整や効能の安定が図れるのだそうです。気になるカロリーも控えめで、200mlのコップ一杯(同量の水で希釈)で60kcalです。市販の乳酸菌飲料を希釈して飲むと90?100kcalですから、3分の2以下のカロリーなんですよ。

7ページ表示

#サイト名PRリンク

このページの先頭へ戻る